FAQ

GLP-GEfIL全般

GLP-GEfIL履修生は、履修期間中に、他学部、海外の大学の学生等との自身の専門を越えた幅広い交流を体験する機会を得られ、修了時には東大総長より東京大学公式の修了証を授与されます。将来を担うグローバルリーダーには、世界の様々な人々と協働し、課題解決に率先して取り組むこと、世界の様々な人々とその多様な価値観をつなぎ、専門分野を越えて活躍することが期待されています。GLP-GEfILで培う経験、さらに、GLP-GEfILを通じて築いたネットワークは、皆さんの貴重な財産になるでしょう。 

GLP-GEFILと後期TLPは、別個の教育プログラムです。したがって、双方への参加は可能です。ただし、両プログラムともそれなりの負荷が予想されますので、十分検討の上、応募してください。 

東京大学の学部後期課程で提供される英語による授業科目の中から、自身の実践研究にプラスになると思われる科目を選択、履修していただきます。具体的には、主幹メンター教員やGLP推進室の教員と相談の上、決定します。

はい、「GEfIL実践研究」のPHASE1や成果発表会、「グローバルリーダー講義」では、ほぼ全員が集まることになります。また、12月に予定している認定式等のGLP-GEfILイベント時には全員に集まっていただきます。